夕顔夫人

日本伦理  日本  1976 

主演:谷ナオミ/宮井えりな/鶴岡修

导演:藤井克彦

ckplay

云播

剧情介绍

   サド・マゾ小説の大家団鬼六の代表作の映画化で、美しく雅やかな生花の家元が、嗜虐の魔手にかかって、SMの世界に落ちこんでいく姿を描く。脚本は「女囚101 性感地獄」の久保田圭司、監督は「四年三組のはた」の藤井克彦、撮影は「濡れた壷」の水野尾信正がそれぞれ担当。破れた畳に家具一つない殺風景なアパートの一室で、木碕は弦月流二代目家元、島原夢路の楚々として雅やかなグラビアに向って自慰に耽っていた。そこへやって来た学友の堀口も、その荒れた部屋と男のにおい、それに木崎の汚い衣裳に驚き入るばかりだった。堀口は、突然大学をやめた木崎を慰めに来たのだった。彼は木崎に洋服を与え、高級クラブにつれて行った。木崎はその店で堀口から、夢路の妹由利子を紹介された。由利子は、姉にも増した美人であった。木崎は堀口と手を取り合って店を出て行く彼女の後姿を呆然として、眺めていた。その夜、木崎は堀口からあてがわれた女あけみを抱いた。しかし夢路への妄執はつのるばかりだった。木崎は一計を策した。友人の結婚式帰りの由利子を堀口が病気だと騙して外へ誘い出した。木碕は、さからう由利子をアパートの自室にひきずり込み、手足を縛って乱暴に犯した。そんな最中に、堀口がまたやって来た。由利子は押し入れに閉じ込められた。堀口は木碕にお金のさし入れに来たのだった。堀口は去り二人切りになった。由利子は木崎の顔に悪魔の笑いを見た。木崎はポラロイドカメラを持ち出して、由利子の屈辱的な写真を撮りまくった。そして激しくもがく由利子を、二度三度と犯して絶頂に登りつめていった。弦月会館で弦月流生花展が華やかに開催された。気品あふれた会場のなかでも、夢路のあでやかさは群を抜いていた。その会場にあらわれた木碕は、一面識もない夢路に笑顔で黙礼し、その顔をじっと見つめた。夢路はその視線と笑顔に何故か不気味さを覚えて慄然となった。そんなある日、島原家に由利子の淫らな写真が送られて来た。夢路も弟子の和江も愕然とした。そこへ人もあろう木崎から電話が来た。警察へ訴えるなら弦月流のスキャンダルとして写真をばらまく、三百万円をよこせ、という脅迫である。警察に連絡

更多推荐

返回首页返回顶部

Copyright © 2017-2019 www.sangbyy520.com.
本站所有内容均是搜集于互联网,本网站只提供web页面服务,并不提供影片资源存储,也不参与录制、上传,如果侵犯了你的权益,请通知我们,我们会及时删除侵权内容,谢谢合作。联系邮箱:skydmd@163.com